【感想】『はっぴぃエンド。』1巻

8月22日に発売された有田 イマリ先生の『はっぴぃエンド。』1巻を読みました。 タイトルは穏やかそうなのに表紙も帯も殺伐感。 裏表紙の説明にもあるように、 死んでは時間が巻き戻るタイムリープストーリーです。 キャラクターは全体的にまるっこくて幼い感じに書かれており、 雰囲気も基本的にほのぼのとしていました。 …

続きを読む

【感想】『サタノファニ』1巻

6月6日に発売された山田 恵庸先生の『サタノファニ』1巻を読みました。 前作『DEATHTOPIA』の山田先生最新作で、 今回もエロとヴァイオレンスなストーリーです。 表紙からもわかるように、 前作同様黒髪ロングちゃんがヒロインです。 山田先生は黒髪ロングが好きですねー。 本作は舞台が女性刑務所であり、 8…

続きを読む

【感想】『コネクト』3巻

7月19日に発売された鈴木 マナツ先生の『コネクト』3巻を読みました。 この巻からはサークル活動ではなく 会社からギャラをいただくプロとしての活動が開始されます。 今までは自分の好きなものを作って自分満足するだけでしたが、 プロとしての活動はクライアントの要望を満たす必要があります。 プロとしての活動が初め…

続きを読む

【感想】『CANDY & CIGARETTES』1巻

6月20日に発売された井上 智徳先生の『CANDY & CIGARETTES』1巻を読みました。 定年迎えたじいさんと11歳の少女の殺し屋アクション漫画でした。 報酬は超高給だが相手はヤクザ、警察、政治家、財閥など、 裏社会での権力を持った相手でした。 見た目は可愛い少女ですが、 銃の扱いに長けたプロの暗殺…

続きを読む

【感想】『無能なナナ』2巻

5月22日に発売された『無能なナナ』2巻を読みました。 頭脳のみを駆使し、能力者達を殺していく漫画の第2巻です。 前巻では暗殺で全て終わっておりましたが、 今回は能力により自身を敵だと認識した相手が対象でした。 また前巻では腹黒な暗殺者という感じでしたが、 今回は諦めが悪いという面が現れておりました。 …

続きを読む