【感想】『女子高生の無駄づかい』2巻

11月10日に発売したビーノ先生の『女子高生の無駄づかい』2巻を読みました。 前巻同様ちょーくだらない。 表紙は新キャラの4人だけど、 やっぱ前巻のキャラ達のが強い。 つかバカが最強すぎてやばい。 なんつーか女子高生をやめてるってだけじゃなく、 なんていうか性別や生物を超越して笑いという概念になろうとしてる感ある。 正直バカは全然好きになれないけどだからこそ面白い。…

続きを読む

【感想】『ドロップフレーム』4巻(最終巻)

10月27日に発売した成家 慎一郎先生の『ドロップフレーム』4巻(最終巻)を読みました。 他の人とは違うバラバラな時間軸になってしまうタイムリープもの(?)の最終巻です。 前巻では自分の能力を自覚し、彼女のルウを救うため行動を始めた主人公が オーバーラップなどを駆使して犯人を捜し始めます。 この巻が最終なので犯人からルウを守りきることができるのかって感じです。 単行本しか買って…

続きを読む

【感想】『アニメタ!』3巻

10月21日に発売した花村ヤソ先生の『アニメタ!』3巻を読みました。 今回は表紙にも描かれている紅一点の伊達まりあちゃんのシーンが多かったです。 まりあちゃんの過去話はもちろん 九条監督への直談判などプライドの高さアピールや 努力が認められた時の嬉しそうな表情など色々な面が描かれていました。 作者も書いていますが他が地味なだけにまりあちゃんが動いているだけで可愛いです。 そん…

続きを読む

【感想】『VECTOR BALL』2巻

10月17日発売の雷句 誠先生の『VECTOR BALL』2巻を読みました。 今回は表紙のヒロイン(?)登場です。 おかかの体から登場したヴェクターの能力は吸収した物質を思い通りに変える能力。 おかかの清麿じみたチート頭脳に好き勝手作れるアイテムと来たら中々にチートな組み合わせです。 弱点といえば作った物質はおかかの腕力程度にしか操れないこと。 敵と戦うには思念体の協力者が…

続きを読む

【感想】『ちこたん、こわれる』5巻

10月6日発売の今井ユウ先生の『ちこたん、こわれる』5巻を読みました。 表紙からもわかるように前巻で猫屋敷と桜坂のキスを目撃したちこたんが ちこたん軍団で暴走してしまった所からスタートです。 桜坂が猫屋敷と付き合っていると勘違いしているちこたんは 桜坂が近づくと逃げてしまうため、 桜坂は勢いに任せてちこたんに告白し何とかちこたんを救出します。 しかしちこたんは恋愛感情とい…

続きを読む