【感想】『はっぴぃエンド。』3巻

4月21日に発売された有田 イマリ先生の『はっぴぃエンド。』3巻を読みました。 タイムリープするバイオレンスなサスペンスの3巻です。 背景も大体出揃い、 どうやって時間を繰り返していたか、 そして黒幕の意図や正体も発覚していました。 さてネタバレを書くのは好みじゃないので 書けるネタも少ないわけですが、 今…

続きを読む

【感想】『部屋にマッチョの霊がいます』1巻

5月7日に発売されたnev先生の『部屋にマッチョの霊がいます』1巻を読みました。 対人能力の低い女子が筋トレにより成長していく脳筋漫画でした。 メインの登場人物は可愛らしい女性達とマッチョの幽霊。 普通の男キャラは出て来ません。 主人公・木葉は人見知りで引っ込みがちなアラサー女子。 その対人能力のせいもあって一…

続きを読む

【感想】『あまんちゅ』13巻

6月9日に発売された天野 こずえ先生の『あまんちゅ』13巻を読みました。 天野節の利いたダイビング漫画で、 特捜版にはARIAとのコラボCDがまた付いてます。 今までは割りと無敵に見えていたぴかりですが、 この巻では弱い部分も強い部分も出ていてとても良かったです。 ARIAの灯里同様にマイペースなだけの…

続きを読む

【感想】『佐土原和葉は完璧ですか?』1巻

5月26日に発売されたあおの いも先生の『佐土原和葉は完璧ですか?』1巻を読みました。 学園生活では完璧を演じているプロ彼女・和葉ですが、 恋愛感がポンコツで計算高くも空回っていくギャグ恋愛(?)漫画でした。 恋愛要素はこの巻ではほぼ無いですが。 男は金という考えで御曹司のぼっちゃんを狙う訳ですが、 御曹司のぼ…

続きを読む

【感想】『サタノファニ』3巻

11月6日に発売された山田 恵庸先生の『サタノファニ』3巻を読みました。 監獄サバイバルバトルの第3巻です。 今回は肌色シーンはそこまででもないですが、 ヤッちゃってるシーンもあり、 どんどんエスカレーションしてっていました。 この巻から変貌する殺人鬼の正体も描かれ、 設定の深堀もされていきました。 そ…

続きを読む