【感想】2月22日発売の原作:河本ほむら3作品

2月22日発売に発売された原作:河本ほむらの 『賭ケグルイ』6巻・『賭ケグルイ双』3巻・『煉獄デッドロール』3巻を読みました。 『賭ケグルイ』6巻では生徒会書記・清華と夢子のギャンブル。 今回のギャンブルは数学的な問題を回答して、 正解の扉を探していくというもの。 正直問題のほとんどが理解できなくて ちょっと自分がいかに頭を使えないか思い知らされた訳ですが、 珍しく…

続きを読む

【感想】『コネクト』2巻

1月19日に発売された『コネクト』2巻を読みました。 学生アニソン製作モノの第2巻。 今回は仲間が増えたり一波乱あったりしましたが、 何と言っても”アイマス”で全て持って行かれました。 藤尾さんとカラオケに行く事になり、 『CHANGE!!!!』の曲を入れたことからアイマスの話題になるまでは まぁあるよねーって感じで読んでいましたが、 まさか765プロのキャラが描か…

続きを読む

【感想】『将棋めし』1巻

1月23日に発売された『将棋めし』1巻を読みました。 将棋という脳の疲労するゲームと回復の為のメシかー。 ということで解りやすそうな題材だったので買ってみました。 表紙見て何となくJKの部活モノかと思っていたのですが、 既に6段のプロ棋士であり対局中の休憩にメシが描かれています。 そういや表紙に”広瀬 章人 八段”監修とか書いてあったなぁと読んでいて思いました。 …

続きを読む

【感想】『DEAD Tube』6巻

11月18日に発売された『DEAD Tube』6巻を読みました。 内容は孤島での殺人鬼探し編の決着と新しいお題の”15秒動画”編の開始でした。 今回もブッ飛んだバイオレンスとホラーで最高でした。 孤島編はラスカルの正体を当てる推理モノかと思っていましたが、 まさかのホラー展開になりました。 前巻までの内容から犯人を色々考えておりましたが、 色々整合性が取れなかったため…

続きを読む

【感想】『ナナマルサンバツ』13巻

12月31日に発売された杉基 イクラ先生の『ナナマルサンバツ』13巻を読みました。 この巻では宮浦・御来屋 vs 開城・深見の最終決戦と 文蔵 vs ぷらねっとの2組の決着までになります。 宮浦・御来屋 vs 開城・深見の対決は御来屋が取れば同点、 深見が取れば開城は全員独力での抜けという状況です。 御来屋は火事場の馬鹿力みたいなゾーンに入ったのに対し、 深見は眼鏡を…

続きを読む