【感想】『DEAD Tube』6巻

11月18日に発売された『DEAD Tube』6巻を読みました。

deadtube06.jpg

内容は孤島での殺人鬼探し編の決着と新しいお題の”15秒動画”編の開始でした。
今回もブッ飛んだバイオレンスとホラーで最高でした。

孤島編はラスカルの正体を当てる推理モノかと思っていましたが、
まさかのホラー展開になりました。
前巻までの内容から犯人を色々考えておりましたが、
色々整合性が取れなかったため犯人を楽しみにしておりましたが、
意外と単純だが気づかない結果となりました。

しかも答え合わせの後にも真の答えが出てくるという展開で、
より一層予想を外されました。
主催者側も手の込んだことをやるなぁ。
まぁ一番以外だったのは真城に交際経験が無かったことですが。


”15秒動画”編では町谷や真城の過去についての内容になっていき、
今回のターゲットは町谷の家族になりそうです。
いやーついに来たカーって感じですね。
真城に好かれている時点で普通にはいられませんが、
数少ない平穏部分はドンドン無くなっていくという。

町谷のファンを名乗る表紙の怪しいおっさんも近づいてきたし、
過去編になるのか主催者編になるのか。
また仕掛け人は誰なのかなど今後の予想外の展開に期待です。


DEAD Tube ~デッドチューブ~ 第1巻 | 秋田書店
北河トウタ - twitter
山口ミコト - twitter

この記事へのコメント