【感想】『アニメタ!』2巻

5月23日に発売した花村ヤソ先生の『アニメタ!』2巻を読みました。

スポコンでアニメーターを目指す物語の第2巻。
今回も才能との壁に悩みまくりのどん底で泥臭かったです。

原画氏になるためにはひと月500枚の原画を3ヶ月連続で描けるようになる必要がある
原画試験の内容を聞かされ、現状の遅さにユキムラ。
現状月120枚ってことからスピードを4倍にしなければならないという
めちゃくちゃ足りてない状態です。

どうにかするにも小手先の技術で才能を殺さないよう
兎にも角にもスピードを上げるという富士師匠や九条監督の考えから
ひたすら難しい動きのあるカットばかり担当されられるという。
厚待遇ではあるけれど新人には地獄みたいな難易度です。

期待をかけられまくってるとはいえ
その重さに耐えられなくなったらすぐ倒れそうです。
その重圧に耐えて立派なアニメーターになれるのか、
むしろどうやって乗り切るのかが気になるところです。
結局継続は力也になるんだろうか…


アニメタ! / 花村ヤソ - モーニング公式サイト
花村ヤソ - twitter

 

この記事へのコメント