【感想】『喰姫』1巻

5月9日発売の武中 英雄先生の『喰姫』1巻を読みました。

肝試しをするために寄った場所は化け物どもの住処だった。
強力な力を持った化け物から逃げられるのか。
といった内容です。

開始早々ヒロインかと思われたキャラがフェードアウトする展開には
ありがちながら驚きました。

時代錯誤の着物を着た妖艶な女性の姿をしている化け物は
なかなかそそるものがありますが、
ここまで怪しさマックスだと逆に怖いです。

化け物は人間の言葉を普通に話せるし、
携帯やスマホを普通に扱えるなど人間と同等の知能を持っているため
非常にやっかいな相手です。

大人数で襲い掛かれば倒すことは可能だそうですが、
怪力持ちで仲間と狡猾に襲ってくるため普通に勝てなさそうです。
主人公たちはこの化け物とどう戦っていくのか、
続きが気になるところです。




喰姫−クヒメ− 1 | 富士見書房
武中英雄 - twitter


この記事へのコメント