【感想】『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』7巻

3月24日発売のひろやまひろし先生の『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』7巻を読みました。

この巻では衛宮 士郎と衛宮 美遊との過去編です。
前巻で敵として登場した桜もこの巻では可愛い後輩となっています。

子供の士郎はキリツグと旅をしているし、
原作との違いは特別な力を持った美遊を連れ去ったことと
暗黒によって人々が大量に消え去ったことです。

そっからは高校生編に移り、
生徒会でジュリアンと会ったり
弓道場で桜と会ったりします。
一成の位置がジュリアンになった感じです。

イリヤ達が来たとき同様、
暗黒によって魔術関係の人々はほぼ消え去っているようです。
どうやって食料を得たりしていたのかは全くの謎です。
桜が買い物をしてきてくれたりしているので、
一応生きている人々もいるということなのでしょうかね。

この巻ではラストで聖杯戦争が開始され、
桜やワカメなどがカードを持っています。
聖杯戦争によって次巻からは過去編でのバトル多めな感じになりそうです。

どうやって美遊をジュリアンから奪還して逃がしたのかも気になります。




Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! - 無料コミック ComicWalker
ひろやまひろし - twitter

 

この記事へのコメント