【感想】『NKJK』1巻

3月12日発売の吉沢 緑時先生の『NKJK』1巻を読みました。

不治の病にかかった親友を救うのに必要なのは
"笑い"ということを聞かされた西宝さんが真面目に笑いに取り組む話。

西宝さんも親友の富士矢さんも名門私立女子高で1・2を争う
勉強ばかりの真面目な生徒だったため、
お笑いに疎い富士矢さんを笑わすために同じく疎い西宝さんが頑張ります。

笑いの内容も熱々おでんやヒロシなどの芸人ネタから、
古典落語、紙芝居など様々なジャンルに朝鮮していきます。
笑いのネタに幅があるのでツボにはまるものがいくつかあって、
笑っちゃいました。
まぁ笑ったんのはネタじゃなくて西宝さんが失敗している姿になんですがねw

真面目ちゃんが頑張って笑いを取ろうとするというシュールなストーリーも
笑えるし、段々羞恥心がなくなってくるし真面目すぎて盲目な西宝さんが面白いです。


NKJK / 吉沢緑時 - ニコニコ静画 (マンガ)
吉沢緑時 - twitter


この記事へのコメント