【感想】『ドロップフレーム』4巻(最終巻)

10月27日に発売した成家 慎一郎先生の『ドロップフレーム』4巻(最終巻)を読みました。 他の人とは違うバラバラな時間軸になってしまうタイムリープもの(?)の最終巻です。 前巻では自分の能力を自覚し、彼女のルウを救うため行動を始めた主人公が オーバーラップなどを駆使して犯人を捜し始めます。 この巻が最終なので犯人からルウを守りきることができるのかって感じです。 単行本しか買って…

続きを読む