【感想】『ボクガール』11巻(最終巻)

7月19日発売の杉戸アキラ先生の『ボクガール』11巻を読みました。 最終巻ということでラブコメ全開! ロキに性別を選べと最後の選択を迫られた瑞樹は 猛と夢子のどちらを取るのかと悩みに悩み倒します。 ラストに向かっているということもあってギャグは少なめ、 ラブコメのラストはバレンタインです。 猛と夢子はバレンタイン前に偶然遭遇し、 今の気持ちをお互いに伝え合います。 気…

続きを読む

【感想】『VECTOR BALL』1巻

7月15日発売の雷句 誠先生の『VECTOR BALL』1巻を読みました。 ガッシュ以来の雷句作品でしたが、 表紙のコンビがガッシュ・清麿コンビに見えて懐かしかったです。 内容は未知の敵との戦いを描いたもの。 ダブル主人王なのか清麿っぽい米炊おかかは性格がひん曲がっているせいで 友達に恵まれなくいが、天才という設定。 清麿と違って友達が欲しいからと行動する性格です。 対…

続きを読む

【感想】『ちこたん、こわれる』4巻

7月6日発売の今井ユウ先生の『ちこたん、こわれる』4巻を読みました。 今回は圧倒的猫屋敷無双でした。 ちこたんというライバルの存在が登場し、 相手が相思相愛と察した猫屋敷が桜坂に熱烈アタックをします。 ちこたんから桜坂を好きだと告げられ険悪なムードになるかと思いきや、 良きライバルとして親交を深めようとする猫屋敷はやっぱ天使でした。 お人よしで損するタイプかも…? そん…

続きを読む

【感想】『殺戮の天使』2巻

6月27日発売の名束くだん先生の『殺戮の天使』2巻を読みました。 フリーホラーゲームのコミカライズ第2巻です。 表紙からもわかるように今回は墓守のエドワード・メイソン編です。 エドワード・メイソンは墓守だけあって埋めるのが大好き。 大切なものは自分の作った墓に埋葬しておきたいといった嗜好の持ち主です。 ザックやダニーに比べるとエディは狂気度も殺気度も薄めです。 まだ子供と…

続きを読む